【レディース】雨の日スーツに合う滑らない靴は「女性用コックシューズ」

こんな方に読んでほしい
  • 女性の方で雨の日にスーツに合う靴を探している方
  • 滑りにくいレディースの靴を探している方

 

どーも、靴オタクのリョクシンです。

このブログは、飲食店で使う滑らない靴「コックシューズ」について解説してます。

今回は、「雨の日スーツに合う滑らない靴は女性用コックシューズ」について解説。

コックシューズにも種類がたくさんあって、女性用のパンプス式コックシューズがあります。

そのパンプス式コックシューズを雨の日用の靴としてご提案!

飲食店で使われるだけあって、滑りにくくて雨の日にもってこいです。

「雨の日、パンプスだと水滴で滑ってこまる」

「雨の水滴で滑ってケガをしたことがある」

「スーツに合うレインシューズを知りたい」

そんな方におすすめな記事です。

 

女性用コックシューズとは?

女性用コックシューズとは、飲食店で履かれる滑りにくいパンプス。

飲食店では、床に水や油が付着する可能性が高く、滑りやすいです。

普通のパンプスやスニーカーでは、滑って仕事になりません。

よって、靴底には滑らない工夫があります。

その工夫は、普通のパンプスにはないでしょう。

また、コックシューズは靴の中に水が入らない仕様です。

ランニングシューズのようなメッシュ素材がありません。

だから、雨の日にコックシューズは応用できるわけですね。

 

雨の日にコックシューズを使うメリット

ここからは、雨の日にコックシューズを履くメリットを紹介。

下記、3つになります。

メリット
  1. 滑りにくい(滑らない)
  2. 水が入ってきにくい
  3. 疲れにくい

詳しく見ていきましょう。

 

①滑りにくい(滑らない)

コックシューズは、飲食店の主にキッチンで履かれます。

キッチンでは、水や油を使用することが多いでしょう。

いくら清掃しても床には水や油が付着します。

は皿洗いや調理の際に、床におちますね。

は、炒め物をすると空気中に舞ってしまい床に落下。

よって、コックシューズは水や油に対する滑りにくさに優れます。

 

②水が入ってきにくい

前述のとおり、コックシューズはキッチンで使用されます。

キッチンではエプロンを伝い、靴に水が付着しやすい

だから、コックシューズには通気口がない製品が多いです。

通気口とは、ランニングシューズのようなメッシュですね。

大雨や台風には対応不可ですが、多少の雨なら問題ないでしょう。

※防水ではありません。

 

③長靴などレインシューズより、疲れにくい

コックシューズは、製品にもよりますが、疲れにくいです。

特に、長靴やレインパンプスといったレインシューズより疲れにくい。

その理由は、コックシューズには、クッション素材があるからです。

「え?レインシューズってクッション素材ないの?」

そう思った方も多いでしょう。

レインシューズは、完全防水を優先した靴の作り方です。

その結果、ゴムや塩化ビニールといった防水素材に限定しがち。

クッションのパーツに履き心地のよい「発泡素材」を使っていないのです。

ちょっと頑張って図解してみました。

わかりにくくてすみません(笑)

当ブログでは、この黄色のライン部分を「クッション」と呼んでいます。

靴業界では「ミッドソール」なんていいますね。

通常のコックシューズは履き心地のよい発泡素材を使用。

ところが、レインシューズはゴム塩化ビニールという素材。

発泡素材ではないのです。

だから疲れにくさはコックシューズに軍配があがるはず!

 

雨の日にコックシューズを使うデメリット

ここからは、雨の日にコックシューズを履くデメリットを紹介。

下記2つになります。

デメリット
  1. 完全防水ではない
  2. 凍結路面では滑る

詳しく見ていきましょう。

 

①完全防水ではない

コックシューズは完全防水ではありません。

「え?キッチンで使うのに、完全防水ではないの?」

そんなお声もあるでしょう。

しかし、コックシューズの多くは完全防水ではないのです。

その理由は、作り方の都合上どうしても縫い目ができてしまう

また、各パーツを接着する工程もあります。

よって穴や隙間があるので、完全防水ではないわけですね。

 

◆◆完全防水のコックシューズはないか?◆◆

実は、完全防水のコックシューズも一部あります。

しかし、完全防水の製品は、まぁー蒸れるし疲れる(笑)

お風呂掃除のときに履く靴あるじゃないですか。

あれですアレ!

完全防水のコックシューズは、お風呂掃除の靴の作り方。

あの作り方で、見た目がコックシューズ風なんです。

リョクシンはおすすめしてません(笑)

 

②凍結路面では滑る

コックシューズは凍結路面では滑ります。

コックシューズはあくまでキッチン用。

水滴や油、洗剤など液体状に対する滑りにくさだけです。

そもそもキッチンが凍結することはないでしょう。

雪国の方で、キッチンの床が凍結する方が、いましたらスミマセン。

 

 

雨の日、スーツに合う女性用コックシューズ紹介

さて、やっと本題です。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

雨の日にスーツに合う女性用コックシューズを紹介!

下記、2つになります。

雨の日に合うコックシューズ

  • ハイグリップH-900
  • ハイグリップHRS-500

それぞれ個別に見ていきましょう!

 

①ハイグリップH-900

ハイグリップH-900は、パンプス式コックシューズです。

キッチンで使用するよりは、フロアで使用されていますね。

一見、普通のパンプスにしか見えません。

しかし、靴底はコックシューズと同じで滑りにくい仕様です。

雨の日でも滑りにくいこと間違えなし。

おすすめです!

 

②ハイグリップHRS-500

ハイグリップHRS-500もパンプス式のコックシューズ。

先ほど紹介しましたハイグリップH-900との大きな違いは、クッションです。

ハイグリップHRS-500はカカトにエアーが内蔵

履き心地を重視した疲れにくい機能ですね。

ナイキの有名なスニーカーにエアーマックスという製品があります。

そんなイメージ。

疲れにくさだけでなく、滑りにくさも抜群です。

こちらも靴底は、コックシューズと同じで滑りにくい!

正直、ハイグリップH-900HRS-500は、雨に日以外にも使えますね。

雨でなくても滑って危ない場所ありますから。

電車とか駅、地下鉄の通路、コンビニ、大理石の上など

一度試してみてください。

 

パンプスなので、サイズ感が重要ですね。

Amazonプライム会員なら、無料で試着できるサービスがあります。

返品もOKで、返送費はAmazon負担。

そのサービスの名は、プライムワードローブです。

プライムワードローブについては、別記事で解説しました。

ぜひ、見てみてください。

簡単ですし、何よりパンプスはサイズ合わせムズイので試着しましょう。

 

 

まとめ

当記事では、「雨の日スーツに合う滑らない靴は女性用コックシューズ」について解説。

実際のところ、レインシューズって重いし疲れますね。

今回は、紹介しました女性用コックシューズはクッション性にすぐれます

もちろん、飲食店で履かれているくらいですから滑りにくい!

雨の日の水滴による滑りも怖くありませんね。

ぜひ、一度試してみてください。

それでは、簡単に記事をまとめます。

コックシューズを雨に日に履いたときのメリットは3つ。

メリット
  1. 滑りにくい(滑らない)
  2. 水が入ってきにくい
  3. 疲れにくい

デメリットは2つありました。

デメリット
  1. 完全防水ではない
  2. 凍結路面では滑る

女性用コックシューズでおすすめは2つです。

雨の日に合うコックシューズ

  • ハイグリップH-900
  • ハイグリップHRS-500

最後まで読んでいただきありがとうございました。

下記、関連記事もよろしくお願い致します。

 

「もっと滑りにくい靴を知りたい」

そんな方におすすめな記事があります。

 

「靴ヒモのスニーカータイプで滑りにくい靴がほしい」

そんな方は、こちらの記事がおすすめ!

 

 

「コックシューズに興味を持ちました」

そんな方には、コックシューズを徹底解説した記事がおすすめ!

下記になります。

 

コメントを残す