【力王(リキオウ)をレビュー】水の浸みてきにくい安いコックシューズ

こんな方に読んでほしい

  • 安いコックシューズを探している方
  • 力王(リキオウ・RIKIO)のコックシューズについて知りたい方

リョクシン

どーも、コックシューズ・厨房靴オタクのリョクシンです。
どーも、「野菜は炒めても足は痛めるな」料理人のシンコーです。

シンコーちゃん

今回は、力王のコックシューズについて解説。

結論から申し上げますと、水が浸みてきにくいコックシューズです。

「コックシューズ使用しているけど、水が浸みてくる」

「力王のコックシューズが欲しいけど、実際のところを知りたい」

「リキオウのコックシューズ、価格が安いけど品質について知りたい」

そんな方におすすめな記事になります。

リョクシン

実際に履いてみて、「軽い、安い、水が浸み込んできにくい」と効果を実感しました。

水が浸みてきにくのは良いことだね。

それでは、リキオウのコックシューズのレビューいってみよう!

シンコーちゃん

 

力王(リキオウ)のコックシューズをレビュー!メリットデメリット解説します。

リキオウのコックシューズは足袋メーカー力王の開発したコックシューズ。

足袋は、ご存知かと思いますが、作業用の靴ですね。

最近だと、足袋メーカーが舞台の小説・ドラマ「陸王」で注目されました。

シンコーちゃん

リョクシン

海外でも日本のカッコイイ靴として紹介されていますね。

お祭りでも衣装として、履かれていることから人気になったのでしょう。

そんな力王のコックシューズですので、足袋的な工夫があるのかと思いました。

しかし、実際のところは期待した機能はありませんでしたね。

ですが、冒頭の通り水が浸みてきにくいことは通常のコックシューズにはない機能と言えます。

リョクシン

下記がリョクシンが力王のコックシューズを履いて感じたメリットとデメリットになります。

メリット
  1. 水が染み込まない素材
  2. 価格が安い
  3. 軽い素材を使用
  4. 丸洗い可能
デメリット
  1. 靴底は剥がれる可能性がある
  2. 通気口がなく蒸れを感じる

リョクシン

上記がメリットとデメリットです。

すこし分かりにくいと思いますので、次項よりパーツ別に解説しました。

パーツ別に解説しながらメリットとデメリットを見ていくわけだね。

それは助かる!

シンコーちゃん

 

↑目次へ戻る↑

力王(リキオウ)のコックシューズをパーツ別に詳しく解説。

ここからは、力王のコックシューズをパーツ別にみていきましょう。

靴は、基本的に3つのパーツに分けることができます。

靴の3つのパーツ

  • アッパー
  • クッション
  • 靴底
うーん。

これだけだとわからないかな?

シンコーちゃん

リョクシン

そりゃそうだよね。

ということで、図解したよ。

なるほど!

これで少しは分かりやすくなったね。

シンコーちゃん

リョクシン

少しってw

割と頑張ったつもりなんだけど・・・

 

 

アッパー(通気性・フィッティング性)

まずは、アッパーについてみて行きましょう。

アッパーというパーツは、靴の上部全般を指します。

リョクシン

主にお求められる機能は、通気性や足へのフィッティング性ですね。

力王のコックシューズは、アッパー素材に通気口や縫い目が少ない製品。

縫い目が少ないと、水が浸みてきにくいのです。

縫い目は唯一、足を入れる「履き口」にあったくらいでした。

この履き口は、靴下と擦れる部分であるため、パッドを設けたのでしょう。

縫い目はこの履き口だけでしたね。

また、通常のコックシューズと異なり、アッパーとクッション部分の境目がありません。

つまり同じ素材を使用しているので、剥がれないし、水が入って来ないのです。

イメージとしては、お風呂そうじの靴をコックシューズの形状にした感じ。

グラスパーはしゃがめる

普段、キッチンや接客作業で、画像のように屈曲しませんか?

しゃがむと靴ってかなり屈曲します。

その時に、コックシューズは破れてしまうことがあり、水が染み込みやすい。

履いてみて感じたのは、まず破れない構造です。

度々ですが、この力王のコックシューズの最大のメリットは、水が浸み込まないことでしょう。

逆に言えば、通気性がありません。

ですので、蒸れやすいことは確実です。

蒸れやすいのか・・・

でも安くて水が染み込まない・・・

難しいところだね。

シンコーちゃん

アッパーまとめ

  • メリット①水が浸み込まない
  • メリット②価格が安い
  • デメリット②通気口がなく蒸れやすい

↑目次へ戻る↑

クッション(履き心地・クッション性)

続いてクッションパーツについて解説します。

クッションは、靴業界ではミッドソールと呼称。

クッションパーツは地面には接地しません。

クッションは、クッション性履き心地に関係するパーツ。

靴で一番大事なパーツかもしれません。

力王のクッションは、アッパーと同じ素材でした。

靴底以外、すべて同じ素材なので破れにくいメリットがありました。

しかし、アッパーとクッションが同じ素材のため、機能性が分散しています。

リョクシン

アッパーならアッパーに求められる機能。

クッションならクッションに求められる機能。

上記のように、特化できてはいないってことだね。

なるほど!

同じアッパーとクッションを同じ1枚の素材使用したことで、どっち付かずみたいなことになったのか。

その代わり、丸洗いできるわけだね。

シンコーちゃん

クッションまとめ

  • メリット④:丸洗い可能

 

↑目次へ戻る↑

靴底(滑りにくさ)

最後に、靴底を見ていきましょう。

靴底は、床に接地するパーツ。

コックシューズでは、滑りにくさが求められます。

力王のコックシューズは、靴底には滑りにくい素材を貼り合わせていました。

ですので、滑りにくいですね。

本当に、「お風呂掃除の靴をコックシューズの形状にした」イメージの靴なのだと感じました。

リョクシン

滑りにくさがあるのですが、別素材を貼り合わせているので、剥がれる可能性があるでしょう。

でもそれは、他の通常のコックシューズもすべて同じだよね。

シンコーちゃん

靴底まとめ

  • デメリット①剥がれる可能性がある

 

↑目次へ戻る↑

まとめ:力王(リキオウ)のコックシューズは水が浸みてきにくい製品

当記事では、力王のコックシューズについて解説しました。

力王のコックシューズは、アッパーとクッション素材が同じ1枚素材の製品。

そのため、水が浸みてきにくい機能があり最大のメリットでしょう。

その代わりに、アッパーとクッション素材の機能が、それぞれに特化していないデメリットがあります。

リョクシン

安い製品の割には、メリットはあるけど、デメリットもあるね。

水が浸みてきて困る方や価格の安いコックシューズが欲しい人におすすめだね。

シンコーちゃん

それでは、下記より簡単に記事をまとめます。

力王のコックシューズのメリットは、4つありました。

メリット
  1. 水が染み込まない素材
  2. 価格が安い
  3. 軽い素材を使用
  4. 丸洗い可能

デメリットは、2つになります。

デメリット
  1. 靴底は剥がれる可能性がある
  2. 通気口がなく蒸れを感じる
最後まで読んでいただきありがとうございました。 下記の関連記事もよろしくお願い致します。

シンコーちゃん

「もっとコックシューズについて知りたい」

そんな方に向けてコックシューズを徹底解説しました。

下記の記事から確認をお願いします。

もっと詳しく解説
【コックシューズ50種類履いてわかった】最高の4足と人気おすすめ商品20足を解説します!【コックシューズ50種類を履いてわかった】最高の4足と人気おすすめ商品20足を解説します!

コメントを残す