【ムーンスターのコックシューズ をレビュー】ソフトワーク200徹底解説

こんな方に読んでほしい

  • ムーンズターのソフトワーク200について知りたい方

リョクシン

どーも、コックシューズ・厨房靴オタクのリョクシンです。
どーも、「野菜は炒めても足は痛めるな」料理人のシンコーです。

シンコーちゃん

 

今回は、ムーンズターのコックシューズについて解説します。

その名も、ソフトワーク200

リョクシン

あまり知られていませんが、コンバースの日本代理店であるムーンスターがコックシューズをラインナップしていました。

あまりソフトワーク200のレビュー、口コミがありませんでしたので解説しようかなと。

「ムーンスターのコックシューズについて知りたい」

「ソフトワーク200の機能性について詳しく知りたい」

「歩きやすいコックシューズが欲しい」

そんな方におすすめできるコックシューズです。

リョクシン

  実際に履いてみて「つま先のトーアップが強い、各パーツが曲がりやすい、靴底が角張っていないので滑りに特化していない」という感想を持ちました。 

正直なところ、選んでまで購入するメリットはないのではないかと。

amazonなどで、価格が安い時に購入をおすすめします。

 

ムーンスターのコックシューズ『ソフトワーク200』とは?

冒頭のとおり、ソフトワーク200はムーンスターが開発したコックシューズです。

ムーンスターはコンバースの販売代理店。

リョクシン

アメリカではコンバースはすでにナイキの傘下ですが、日本では異なります。

ムーンスターは、学生靴や長靴などファッション的なスニーカー以外にもラインナップしてします。

ソフトワーク200もその中の1つ。

厨房で使用するコックシューズです。

リョクシン

以外とラインナップが多く、九州方面では割と履かれていました。

九州の中小のチェーン店で履かれているのを発見しましたよ。

品質は間違えないわけだね。

シンコーちゃん

ムーンスターはアキレスと同様に製品の品質は全体的に高いです。

しかし、ソフトワーク200に関しては、ムーンスターのコックシューズの中でも安価品でした。

リョクシン

ですので、若干デメリットはありましたね。

下記、リョクシンがソフトワーク200を履いて感じたメリットとデメリットです。

メリット
  1. アッパー素材が柔らかい
  2. クッション構造が曲がりやすい
  3. つま先のトーアップが強い
  4. 新品から履きやすい
デメリット
  1. 靴底の角張っていない

うーん。

メリットとデメリットだけだと、少しわかりにくいね。

知らないキーワードあるし・・・

シンコーちゃん

リョクシン

そうだよね。

そう思って次項から、パーツ別に解説しました。

メリットとデメリットに触れながら解説していきます。

 

↑目次へ戻る↑

ムーンスターのソフトワーク200をパーツ別に解説しました。

ムーンスターのソフトワーク200

それでは、ムーンスターのソフトワーク200をパーツ別に解説。

靴は、主に3つのパーツに分けることが可能です。

靴の3つのパーツとは?

  • アッパー
  • クッション
  • 靴底

リョクシン

 

上記でもわかりにくいので、画像で図解しました。

靴のパーツの名称を解説

うん。

これなら理解できたよ。

よし、それではパーツ別に詳しく見ていこう!

シンコーちゃん

 

アッパー(通気性・フィッティング性)

靴のパーツのアッパーの場所について解説

アッパーは、足を覆うパーツです。

主に、通気性足へのフィッティング性が求められるでしょう。

履いて一番最初に感じたのは、アッパーが柔らかいこと。

リョクシン

多くのコックシューズは、アッパーが硬い製品が多いです。

硬いことによるメリットもありますが、履き心地にとってはデメリットでもあります。

確かに、新品のときってコックシューズ曲がりにくくて履きにくいことあるかも・・・

シンコーちゃん

足へのフィット感は少しゆるいイメージ。

リョクシン

ただ、リョクシンは割と足が細め!

幅が広い方には、最適なサイズ感ではないかと。

普段履きのニューバランスやナイキのスニーカーは27.5cmですが、こちらは27.0cmで良さそうです。

コックシューズとの比較では、特別サイズを変更する必要はありません。

でもミドリ安全のハイグリップシリーズを履いている方は、0.5cm大きめを推奨します。

シンコーちゃん

アッパーの甲部分をめくると甲ゴムというパーツが出てきます。

甲ゴムは、足へのフィッティング性に大きく関係する重要なポイント。

リョクシン

  甲ゴムは割と硬めで、伸縮性は感じませんでした。

フィッティングに関しては、あまり柔軟性はなさそうです。

アッパーまとめ

  • メリット①:アッパー素材が柔らかいので、屈曲しやすい

 

↑目次へ戻る↑

クッション(履き心地・クッション性)

靴のパーツのクッションの場所について解説

次に、クッションについて解説。

クッションは靴業界ですとミッドソールなんて呼ばれています。

主に、クッション性履き心地に関係してくるパーツ。

靴においてクッション性に関係するとは、とても重要なパーツですね。

シンコーちゃん

リョクシン

  ムーンスターのソフトワーク200のクッション性は悪くもなく、特別によくもなく。

そんな感覚を覚えました。

しかし、クッション性以外にはムーンスターさんの細かいこだわりを感じることもできました。

まず、つま先が少し高くなっているのわかりますか?

この構造をトーアップといいます。

リョクシン

ムーンスターのコックシューズは基本的にトーアップの度合いが強いですね。

上記の左側がムーンスターのコックシューズです。

右側が他社の製品。

サイズは、同じです。

確かに、これは大きな差だね。

シンコーちゃん

リョクシン

トーアップの機能は、つまずき防止や歩行サポート。

コックシューズには重要な機能でしょう。

インソールが入っています。

画像のとおり、取り外しのできるタイプ。

裏面は、こんな感じです。

ムーンスターのコックシューズのインソールは他にはない工夫がありました。

リョクシン

  上の画像のインソールのつま先部分を見てください。

つま先の部分に、さらに別でクッション材がついています。

これにより「立ちっぱなし」でも疲れにくく感じました。

クッションまとめ

  • メリット②:クッション構造が曲がりやすい
  • メリット③:つま先のトーアップが強い

 

↑目次へ戻る↑

靴底(滑りにくさ)

靴のパーツの靴底の場所について解説

最後に、靴底について見ていきましょう。

靴底は、地面に接地するパーツです。

リョクシン

コックシューズでは、滑りにくさに関係します。

一番重要なパーツでしょう。

ムーンスターのソフトワーク200の靴底を見ていきましょう。

正直なところ、ありきたりというか普通のコックシューズの靴底です。

滑りにくさも普通くらい。

リョクシン

ちょっとだけ、残念だったのが靴底のゴムの角が立っていないこと。

これだと少し滑りやすく感じるかもしれません。

靴底まとめ

  • デメリット①:靴底の角が立っていない

 

 

↑目次へ戻る↑

まとめ:ムーンスターのソフトワーク200は安い時が買い!

当記事ではムーンスターのコックシューズ『ソフトワーク200』について解説しました。

ムーンスターは、靴業界でも品質が高くて有名です。

ソフトワーク200はムーンスターのコックシューズの中では、安価品の部類ですが、細かきこだわりを感じることができました。

リョクシン

ただし、「ソフトワーク200じゃないと解決できない」と行った機能があるわけではありません。

あえて選ぶ必要はなさそうです。

悪い製品ではないので、通販サイトで安価に販売されている時がありましたら、購入をして見てはいががでしょうか?

シンコーちゃん

それでは、簡単に記事をまとめます。

ムーンスターのコックシューズ『ソフトワーク200』のメリットは下記。

メリット
  1. アッパー素材が柔らかい
  2. クッション構造が曲がりやすい
  3. つま先のトーアップが強い
  4. 新品から履きやすい

デメリットは、1つです。

デメリット
  1. 靴底の角張っていない
最後まで読んでいただきありがとうございました。 下記の関連記事もよろしくお願い致します。

シンコーちゃん

「もっとコックシューズについて知りたい」

そんな方に向けてコックシューズを徹底解説しました。

下記の記事から確認をお願いします。

もっと詳しく解説
【コックシューズ50種類履いてわかった】最高の4足と人気おすすめ商品20足を解説します!【コックシューズ50種類を履いてわかった】最高の4足と人気おすすめ商品20足を解説します!

 

「筆者コックシューズオタクの評価ランキングを知りたい」

そんな方に向けて、今まで履いた製品をすべてランキング形式で解説しました。

ぜひ、参考にして見てください。

もっと詳しく解説
コックシューズ一筋の専門家が解説!買ってよかった製品ランキング!

コメントを残す