フロア担当の方必見!!軽すぎるコックシューズは疲れの原因

こんな人に読んでほしい
  • コックシューズは軽ければよいと思っている方。
  • 軽いコックシューズが会社指定になっている方。
  • フロア担当で疲れやすい方。

どーもコックシューズ・厨房靴オタクのリョクシンです。

「軽い靴」ってよい靴だと思いますか?

私は靴屋でアルバイトの経験があるのですが、「よい」と思っている人結構多いです。

結論から申し上げますと、軽ければよいわけではありません。

よく動くフロア担当は、ある程度の重量があった方がよいです。

なぜなら足の動きに遠心力が加わり推進力になるからです。

フロア担当の方は、注目するべき点ですね!!

詳しくみていきましょう。

 

靴は軽ければよいわけじゃない?求められる重量とは?

靴は軽ければよいわけではありません。

前述のとおり、遠心力が関係してくるからです。

遠心力が足の動きをサポートします。

ただ軽いだけの靴では、足の動きを全て自分の力で再現しなければなりません。

そのため、膝や足首に負担が増えてしまいます。

その結果疲れやすくなります。

 

重量があれば何でもよいか?

軽すぎる靴はよくないことがわかりました。

すると「重量がある程度あれば何でもよいか?」と思う方多いと思います。

確かになんでも重量があればよいわけではありません。

例えば、安全靴です。

自分に合う重量感の靴が見つかったとします。

しかし、それが安全靴ですと「芯」の部分が重いだけです。

芯が重いだけですと疲れやすくなります。

よって重量があればなんでもよいわけではありません。

 

どんな重量がよいか?

履き心地にプラスとなる機能によって重くなることが重要です。

履き心地にプラスされる重量
  • アシックスのα-GEL
  • アキレスのウレタン素材のインソール
  • シェフメイトグラスパーのウレタン製クッション

上記は重量があるものの履き心地にプラスされる機能ですね。

安全靴の「芯」のような履き心地に関係ない重量に気を付けましょう!!

メリットのない重量はさけるべきです。

 

重量感があるものの履き心地のよいコックシューズ

前述のとおり、重量感があるものの履き心地のよいコックシューズを紹介します。

下記3つになります。

オススメコックシューズ3足
  • アシックス 『ウィンジョブ®CP303』
  • 弘進ゴム  『シェフメイトグラスパーCG-002』
  • アキレス  『クッキングメイト100』

それぞれみていきましょう。

 

アシックス『ウィンジョブ®CP303』

アシックスのウィンジョブ®CP303です。

前述のとおり、『α-GEL』というゲル状のクッション素材を使用しています。

また『SRBインソール』で足を補助して本当に履き心地がよいです。

履き心地のよいコックシューズ№1でしょう!!

詳しくレビューしました。ぜひ参考にしてください!!

 

弘進ゴム『シェフメイトグラスパーCG-002』

ウレタン素材のクッションを使用しています。

シェフメイトグラスパーのウレタンクッションは、高耐久でクッションが長持ちです。

国産なのも魅力的ですね。

後日レビュー記事書きたいと思います。

 

アキレス『クッキングメイト100』

クッキングメイト100にはウレタン素材のインソールが入っています。

製造元のアキレスは、インソール「ソルボ」も製造しています。

「ソルボ」って本当にクッション性よいんですよ。

これは私の推測ですが、ソルボと同じような素材を使用していると思っています。

下記詳しいレビュー記事です。

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

本記事では、軽すぎるコックシューズはよくないことを説明しました。

特に動きの多いフロア担当の方は重要なことがわかったと思います。

下記簡単にまとめます。

コックシューズは軽すぎないようにする。

  • 靴に重量感があると動くときに遠心力が歩行補助になる。
  • 重さは、なんでも重ければよいわけではない。
  • 履き心地にプラスになる機能で重くすることが重要。
オススメコックシューズ3足
  • アシックス 『ウィンジョブ®CP303』
  • 弘進ゴム  『シェフメイトグラスパーCG-002』
  • アキレス  『クッキングメイト100』

コメントを残す