【レビュー】ビストロクロックスは安全で洗えて疲れにくい厨房靴!

ビストロ クロックス 前

こんな人に読んでほしい
  • 今お履きのコックシューズに満足していない方。
  • 疲れにくいコックシューズがほしい方。
  • ビストロクロックスの購入に悩んでいる方。

 

どーも、コックシューズ・厨房靴オタクのリョクシンです。

今回は、有名なサンダルメーカー“クロックス”のコックシューズを紹介!

その名も『ビストロクロックス』です。

クロックスのサンダルは履いたことありますよね?

疲れにくくて、グングン歩行をサポートするような履き心地で人気!

あのクロックスからコックシューズが発売されていたのです!

ドン・キホーテやホームセンターに売っている安い偽物じゃないですからね(笑)

「今履いてるコックシューズは、疲れてイヤ!」

「洗えるコックシューズで臭い対策したい」

「脱ぎ履きラクラクなコックシューズがほしい」

そんなお悩みを持った方におすすめな製品です。

 

ビストロクロックスとは?

前述のとおり、独特な履き心地とデザインで有名なサンダルメーカー「クロックス」のコックシューズ。

クロックスの履き心地のよいクッションはそのままにコックシューズになりました。

あの独特の履き心地は、クロックス独自のEVA素材クロスライト™だからこそ発揮されています。

デザインもクロックス独自のモノ。

あまりにも人気なため、見た目だけ同じような安い偽物が出回っています。

残念なのは、その偽物も含めて「クロックス」と呼んでいる人が多いこと。

本家を知らずにあの外見のサンダルを「クロックス」と呼んでいる人もいるようですね。

ブランド名が商品ジャンルになってしまうという・・・

それだけ、クロックスがすごいことがわかります。

 

ビストロクロックスを履いて感じたメリット

ここからは、リョクシンがビストロクロックスを履いて感じたメリットを説明します。

下記6つのメリットを感じました。

メリット
  1. かっこいい!
  2. 疲れにくい
  3. 滑りにくい
  4. 脱ぎ履ぎが簡単 
  5. 靴の中での滑りを抑える
  6. 洗える。丸洗いできる

詳しく見ていきましょう!

 

①かっこいい!

 

まず見た目がかっこいい!

クロックスが大ヒットしたおかげでファッションとしてこの形状が認められたからでしょう!

ワインバーやおしゃれなハンバーガー屋さんは、店内の雰囲気やコックコートと合うと思います。

フォルムの「ボテッ」としたコックシューズより、クロックスのデザインの方がイメージ的によいですね!

 

②疲れにくい

独自配合のEVA素材「クロスライト™」で疲れにくい履き心地を実現!

クロックスを履いたことがある方にはわかりますね。

ビストロクロックスもあの履き心地!

靴の素材も、料理の味付けと同じで混ぜ合わせる内容によって大きく変化します。

その辺の安い「EVA素材を使用!!」と記載のあるコックシューズとは別格とお考えください(笑)

厚めのクッション素材で1日立ち仕事でも快適!

 

③滑りにくい

滑りにくい靴底です。

水や油では問題ないでしょう!

キッチンでもフロアでも安全に働くことができます。

滑りにくいことは「疲れにくさ」「蒸れにくさ」にも大きく関係!

滑ることで靴の中で、踏ん張ってしまうのです。

踏ん張ることで、余計な力を使い疲労。

汗をかくことで、蒸れてしまいます。

滑りにくいことは、安全面以外にも重要なポイントになるでしょう!

 

 

脱ぎ履ぎが簡単 

当たり前ですが、ビストロクロックスは、クロックス形状で脱ぎ履きがラクラク!!

脱ぎ履きラクラクだと、小上がりのある居酒屋は便利ですね。

またキッチンとフロアで、コックシューズを履き替えることも可能!

履き替えることで、キッチンの水や油、汚れを店内に落とす心配がありません。

デザインもたくさんあり、場所によってデザイン変えるのもよいと思います。

例えば、「フロアは無地の黒、キッチンはファイヤーデザイン」といった感じ!

※他のデザインは記事の最後で紹介。

 

靴の中での滑りを抑える

ビストロクロックスは、脱ぎ履きがしやすいクロックス形状。

そのため、サンダルと同じで靴の中で滑る可能性があります。

そこで、ビストロクロックスは、靴の中で滑りにくくする機能を設けました

足の裏に当たる部分に小さな突起があるのわかりますか?

これが、靴下に引っかかり滑りにくくしています。

細かいですが、安全面にすぐれていますね!

 

⑥洗える・丸洗いできる

ビストロクロックスは、布製の素材がありません。

またクロックス素材のクロスライト™は、すぐに乾く速乾性があります。

よって、洗える!!!

さらに、中性洗剤も使用できるので衛生面にもすぐれます。

 

デメリット

ここからは、ビストロクロックスのデメリットを紹介。

下記2点です。

デメリット
  1. 靴底が剥がれる可能性あり
  2. 蒸れやすい

それぞれ見ていきましょう!

 

靴底が剥がれる可能性あり。

黒いとわかりにくいのですが・・・

クッション性のよいクロスライト™に、ゴムの靴底を接着剤などで貼り合わせしています。

そのため、剥がれる可能性がゼロではありません。

とくに、クロスライト™はクッション性にすぐれるものの、熱に弱いのが弱点。

熱に当たると、全体的に収縮してしまい結果、靴底が剥がれてしまうのです。

ただ、よっぽど熱いモノが近くになければ問題ありません。

ビストロクロックスを補完するのは、風通しのよい場所で熱源周辺は避けましょう!

 

 

蒸れやすい

ビストロクロックスは、通常のクロックスとは異なり、通気穴がすくないのです。

それは、コックシューズに重要な「防水性」を確保するため。

「防水性」と「蒸れにくさ」の両立は、むずかしいです。

相反する相反するため。

よって蒸れにくさは若干弱い印象。

しかし、そもそもはクロックス形状なので、カカト部分は空いています。

すこしは改善されているでしょう!

 

まとめ

当記事では、クロックスのコックシューズVerのビストロクロックスについて説明しました。

ビストロクロックスは、クロックスのクッション性のよさをそのままに厨房向けの機能を付与したコックシューズ。

疲れや滑りにお困りな方にオススメ!

下記、簡単に記事をまとめます。

ビストロクロックスのメリットは6つありました。

メリット
  1. かっこいい!
  2. 疲れにくい
  3. 滑りにくい
  4. 脱ぎ履ぎが簡単
  5. 靴の中での滑りを抑える
  6. 洗える・丸洗いできる

デメリットは2つ。

デメリット
  1. 靴底が剥がれる可能性あり。
  2. 蒸れやすい。

 

ビストロクロックスのハイスペック品の『ビストロプロクロッグ』も紹介しました。

お時間ございましたら見てみてください。

コメントを残す