【厨房でも滑らない】マジックテープ靴のハイグリップNHS-15おすすめ!

こんな方に読んでほしい
  1. マジックテープでサイズ調整できるコックシューズがほしい方
  2. ハイグリップNHS-700Nでは足に合わない方
  3. 滑りにくいマジックテープの靴をお探しの方

 

リョクシン

 どーも、コックシューズ・厨房靴オタクのリョクシン(@Kitchen_sneaker)です。 
どーも、「野菜は炒めても足は痛めるな」料理人のシンコーです。

シンコーちゃん

今回は、マジックテープで滑りにくい靴『ハイグリップNHS-15』を紹介。

コックシューズって靴ヒモやマジックテープのない製品ばかりです。

確かに衛生面からすれば、スリッポンの方がよいでしょう。

スリッポンではサイズを調整ができないため、足に合わないことも・・・

そこで今回は、マジックテープで滑らない靴を紹介。

それが、ハイグリップNHS-15になります。

「スリッポンでもサイズが合わないため、足が痛い」

「コックシューズだとスポスポ脱げてしまう」

「滑りにくいマジックテープの靴がほしい」

そんな方におすすめします。

実際に使用してみて、「サイズ調整ができる、滑りにくい、マジックテープが汚れにくいと効果を実感。

細かいところまで、こだわった製品でした。

次項から詳しくみていきましょう。

 

【厨房でも滑らない】マジックテープ靴のハイグリップNH-15おすすめ!

※黒もあります。

ハイグリップNHS-15は、滑りにくいマジックテープの靴。

ミドリ安全というメーカーが製造しています。

ミドリ安全は、安全靴や食品関係で使われる手袋やマスクなどのメーカー。

厨房で使われるコックシューズの市場では、トップシェアと言われています。

コックシューズのブランドを「ハイグリップシリーズ」として多数ラインナップ!

ハイグリップNHS-15は、ミドリ安全の靴のラインナップの中でも滑りにくい製品です。

料理人の方以外にも、清掃事業者や雨の日用の通勤シューズとしても人気。

コックシューズにはないマジックテープのサイズ調整ができるのがうれしいですね。

シンコーちゃん

サイズ感は、普段27.0cmのスニーカーですが、27.0cmで少しゆるめ

ジャストで履きたいという方は、1サイズ小さめでもよいかも!

マジックテープで調整可能なので、極端にサイズが合わないことはないでしょう。

 

ミドリ安全「ハイグリップNHS-15」のメリット紹介

ミドリ安全のハイグリップNHS-15 メリット

ここからは、ハイグリップNHS-15のメリットを見ていきましょう!

下記4つになります。

メリット
  1. マジックテープで調整可能
  2. 汚れにくいマジックテープ
  3. 滑りにくい靴底
  4. 取り外し可能なインソール入り

リョクシン

詳しくみていきましょう!

 

①マジックテープで調整可能

ハイグリップNHS-15は、マジックテープでサイズ調整が可能

前述のとおり、コックシューズはスリッポンが多いのが特徴です。

それは、安全面と衛生面を加味した結果ですが、サイズの微調整ができません。

足に合わない靴を履き続けると、靴ズレや外反母趾などトラブルの元。

安全面と衛生面のために、健康を害しては意味がありません。

そこで、どうしてもスリッポンでは足に合わないという方はマジックテープも検討してみてください。

シンコーちゃん

足を痛める前に、マジックテープ検討してみてください。

②汚れにくいマジックテープ

ハイグリップNHS-15のマジックテープは細かい工夫がされています。

それは汚れにくいこと。

コックシューズ市場にマジックテープの製品が少ないのは、汚れやすいから

あのバリバリした部分が汚れやすいのです。

しかし、ハイグリップNHS-15は、貼り付けられる側のマジックテープが小さい

NHS-15 貼り付けられる側マジックテープ

そして、貼り付ける側のマジックテープが大きいのです。

NHS-15 貼り付ける側マジックテープ

このように貼り付けられる側が小さいことでマジックテープのハミ出しを防ぎます。

その辺のマジックテープの靴だとこんな感じでマジックテープがはみ出します。

マジックテープはみ出し

マジックテープのはみ出しを防ぐことで、衛生面で改善できるでしょう。

シンコーちゃん

ハイグリップNHS-15は、マジックテープのデメリットを改善してる!

 

③滑りにくい靴底

ハイグリップ・ザ・サードは滑りにくい-

ハイグリップNHS-15の特徴は、なんといってもその滑りにくさ!!

前述のとおり、ミドリ安全の靴のラインナップ中でもトップクラスです。

細かいこといえば、上から2番目の滑りにくさ

コックシューズとして同じ形状の靴底を使用した製品があります。

ハイグリップNHS-700Nという製品。

この製品は、人気で多くの飲食店で履かれているのを見かけます。

そのくらい滑りにくい靴底。

厨房で活躍すること間違えなし!

また、大雨や台風でなければ、通勤用としても有効でしょう。

水滴の落ちた地下鉄の通路や商業施設って滑りますからね。

リョクシン

ちなみに、靴底には買い替え時期の目安(スリップサインがあります

また、買い替え時期の目安(スリップサイン)が靴底についていました。

ハイグリップザサード スリップサイン

靴底は、すり減ると機能性がダウンします。

とくに滑りにくさですね。

赤い丸がついている部分に、凸があるのわかりますか?

あのちょこっと凸がある部分まで、靴底がすり減ったら買い替えです。

使いすぎて、滑らないように気を付けましょう。

あくまで目安ですが、ぜひ参考にしてみてください。

シンコーちゃん

買い替え時期は、スリップサインに執着ぜず、滑りを感じたら交換ですね! 

 

④取り外し可能なインソール入り

ハイグリップNHS-15は、取り外し可能なインソールが付いています。

取り外し可能だと、市販のインソールと交換できるのもメリット。

自分の足にあったインソールがある人は最適ですね。

ちなみに、始めから入っているインソールはこんな感じ。

ハイグリップNHS-15インソール表面

ハイグリップNHS-15のインソールうら面

カカトの裏に柔らかめのクッション材がありました。

ハイグリップNHS-15インソールうら面 カカト

全体的には、薄手のインソールですね。

厚手のインソールと取り換えを予定している方は、大きめのサイズを選びましょう。

自分に最適なインソールをつけることができるのはよいですね

シンコーちゃん

 

 

ミドリ安全「ハイグリップNHS-15」のデメリットも紹介

NHS-15 デメリット

ここからは、ハイグリップNHS-15のデメリットも見ていきましょう。

下記2つになります。

デメリット
  1. マジックテープの汚れ
  2. メッシュ部分の汚れ

ハイグリップNHS-15にも少しはデメリットあります。

どんな製品もメリットがあれば、デメリットもありますね。

やはり厨房で使うなら、マジックテープのデメリットは無くなりません。

とくに粉系のモノを使用するお店の方は、マジックテープが汚れるでしょう。

上からかかると、どうしてもマジックテープに付着します。

また、メッシュ素材がサイドにあります。

この部分も粉が溜まりやすいかなと。

よって粉モノをたくさん使うお店の方にはおすすめしません。

料理人の方ではない、外でハイグリップNHS-15をご使用予定の方は、全く問題ありませんね。

リョクシン

目立ったデメリットが少なく、細かいこだわりのある良い靴でした!

 

ハイグリップNHS-15紹介のまとめ!

当記事では、ミドリ安全のハイグリップNHS-15について解説しました。

ミドリ安全は、安全靴や食品衛生資材のメーカー。

コックシューズ業界ではトップシェアです。

ハイグリップNHS-15は、そんなミドリ安全滑りにくい靴底を使用した靴でした。

衛生面を考慮した、マジックテープでサイズ調整できます。

スリッポンでは足に合わない料理人の方におすすめ!

また、ある程度の雨であれば、通勤用にでも応用できるでしょう。

 

下記、簡単に記事をまとめます。

ハイグリップNHS-15のメリットは下記4つありました。

メリット
  1. マジックテープで調整可能
  2. 汚れにくいマジックテープ
  3. 滑りにくい靴底
  4. 取り外し可能なインソール入り

デメリットは2つです。

デメリット
  1. マジックテープの汚れ
  2. メッシュ部分の汚れ

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

下記、関連記事もよろしくお願いします!

シンコーちゃん

 

「もっとコックシューズについて知りたい」

そんな方に向けて、コックシューズを徹底解説しました。

下記のリンクからよろしくお願いします!

 

コメントを残す