【話題】ワークマンで人気ファイングリップシューズCB400をレビュー

こんな方に読んでほしい
  • ワークマンのファイングリップCB400の購入を考えている方
  • マタニティーシューズとしてCB400を購入検討している方
  • 妊婦さん

 

リョクシン

どーも、コックシューズ・厨房靴オタクのリョクシン(@Kitchen_sneaker)です。
どーも、野菜は炒めても足は痛めるなシンコー(@shinko_sneaker)です。

シンコーちゃん

今回は、ワークマンで人気の『ファイングリップCB400』について解説。

結論から申し上げますと、ワークマンのファイングリップCB400は、滑りにくいスリッポンですね。

「マタニティーシューズとしておしゃれなコックシューズを履きたい」

「雨の日用にコックシューズの購入を検討している」

「滑りにくい靴がほしい」

そんな方におすすめしています。

実際に使用してみて、「軽い、雨の日でも滑りにくい、通気口がないから水が入ってきにくい」など効果を実感しました。

滑りにくいスリッポンをお探しの方におすすめします!

 

【話題】ワークマンで人気ファイングリップCB400をレビュー

※楽天のみの取り扱いです!

遅ればせながら、ワークマンのファイングリップCB400を購入しました。

結論から申し上げますと、滑りにくいスリッポンという感じ。

市場にあるスリッポンシューズは、どちらかというとスポーツシューズでした。

「滑りたいときに滑り、止まりたいときに止まる」

それがスポーツシューズの靴底の特徴です。

グリップが効きすぎるのは、スポーツでは危険ですからね。

逆に料理人さんが使うコックシューズは、滑りにくさに特化した靴底。

機能的には真逆までいかなくても、スポーツシューズとは非なるもの。

つまり、滑りに特化したスニーカーって今までなかったのです!

ワークマンは、飽和したかと思われた靴業界に、上手いこと差し込みました。

本当にお見事ですね。

妊婦さんから学生まで、幅広い層の方がファイングリップCB400を購入しています。

注意

ワークマンのファイングリップCB400は、あくまで水と油に対する滑りにくさ。

凍結した路面やテトラポットなどの釣り場には向きません。

シンコーちゃん

たまに、凍結路面用に購入した旨のSNS投稿を見かけるけど、注意が必要ですね!

 

ワークマンのファイングリップCB400のメリット

ワークマンのノンスリップシューズCB400 メリット紹介

ここからは、ワークマンのファイングリップCB400のメリットについて解説。

リョクシン

やはり人気製品だけにメリットがたくさんありました。

下記になります。

メリット
  1. 軽い
  2. 価格が安い
  3. 滑りにくい靴底
  4. 通気口がなく水が入りにくい
  5. 取り外しのできるインソール入り

詳しく見ていきましょう。

 

①軽い

軽い

ワークマンのファイングリップCB-400は軽いです。

「軽い靴=優れた靴」ではございませんが、適性の範囲ないかなと。

無駄に重い靴だと足を悪くしますし、疲れます。

雨の日に長靴を履くと疲れますね。

その理由としては、重いことが1つの要因。

靴に使用される原材料の中で一番重たいのは、ゴム素材です。

長靴の多くは、すべての素材をゴムで製造。

だから重たいのです。

ワークマンのファイングリップCB400は、靴底のみゴム。

そりゃ長靴より軽いですね。

シンコーちゃん

靴は軽すぎてもダメ。重いのもダメ。基本的に作業内容や使用シーンによるので重量は靴を選ぶときの重要なポイントでしょう!

 

②価格が安い

安い

ワークマンのファイングリップCB400は、¥1,980(税抜)です。

これは安い!!!

某有名メーカーのスリッポンですと¥3,980くらいが相場。

しかも、その有名メーカーよりCB400は、疲れにくい素材を使用しているのです。

細かいことは、別の記事で詳しく解説しました。

当記事の最下部のリンクからお願いします。

とにかく有名メーカーのスリッポンより、ワークマンのスリッポンの方が疲れにくいということだけご説明させていただきます!

それで有名メーカーのスリッポンの半額ですから!

ワークマンさすがですね!

お財布に優しいのは、重要ですね!

シンコーちゃん

 

③滑りにくい靴底

ワークマンのCBは滑りにくい

ワークマンのファイングリップCB400の最大の特徴は滑りにくいこと。

前述のとおり、大手スポーツメーカー含め、意外と今までになかった機能。

長い間この一般用のスニーカーの業界にいますが、完全に飽和した市場だと思っていました。

ところが、ありましたねw

飽和した市場の針の穴を通すように参入してきました。

製品名の「ファイングリップ」というだけあって、グリップ力はあります。

正直なところ、コックシューズ市場では滑りにくさとしてはイマイチ。

しかし、一般用のスニーカーの部類では際立って滑りにくい靴底だといえるでしょう。

シンコーちゃん

キッチンでなければ、問題なし!

 

④通気口がなく水が入りにくい

CB400は水が浸みこみにくい

ワークマンのファイングリップCB400は、通気口がありません。

コックシューズをモチーフにラインナップされたスニーカーですからね。

ランニングシューズのようなメッシュ素材がないのです!

そのため、雨の日に履いても水が浸み込むことが少ないでしょう。

台風や大雨でなければ、軽いですし滑りにくく水も入らないのでおすすめです。

シンコーちゃん

大雨のときは、さずがに長靴ですね。

 

⑤取り外しのできるインソール入り

ワークマンのファイングリップCB400は、インソール入りです。

取り外しができるので、別のインソールと入れ替え可能。

自分のお気に入りのインソールを入れましょう。

始めから内蔵されているインソールもなかなかですよ!

CB400のインソールおもて面

CB400インソールうら面

始めから入っているインソールもよさげ

シンコーちゃん

※楽天のみの購入!

 

ワークマンのファイングリップCB400のデメリット

ワークマンのノンスリップシューズCB400 デメリット紹介

ここからは、ワークマンのファイングリップCB400のデメリットを解説。

シンコーちゃん

メリットばかりな靴はありませんね。デメリットを知って、自分にあった靴を探しましょう

デメリットは4つ。

デメリット
  1. 通気口がないので蒸れる
  2. クッションが汚れる
  3. サイドゴアに頼ったサイズ調整
  4. 足の指が親指が一番長い方は合わない?

詳しく見てきましょう!

 

①通気口がないので蒸れる

CB400は蒸れやすい

ワークマンのファイングリップCB400は、通気口がありません

シンコーちゃん

コックシューズがルーツなので仕方のないこと

シンコーちゃんのいうとおり、コックシューズをルーツに持つCB400は通気口がなく蒸れます。

さすがに仕方のないデメリットですね。

通気口がないため、蒸れるので注意が必要ですね。

蒸れるのって疲れます。

雨の日など履く理由がない場合には、使用を控えましょう。

 

②クッションが汚れるのでコックシューズとしては微妙?

CB400は汚れやすい

ワークマンのファイングリップCB400って別に見た目悪くないですね。

コックシューズをモチーフにしたとは思えません。

その理由の1つは、クッションパーツが白いから。

市場にあるスリッポンもクッション部分って、白いじゃないですか!

それが、ファイングリップCB400のよいところ。

しかし、コックシューズとしては微妙です。

なぜなら、この白いクッションが汚れやすいから。

ですので、コックシューズとして使用するときは、クッション部分が汚れない方におすすめします。

 

③サイドゴアに頼ったサイズ調整

CB400はサイドゴアによるサイズ調整

ワークマンのファイングリップCB400は、甲ゴムがありません

サイドゴアによるサイズ調整になります。

このサイドゴアの素材が正直、私は微妙かなと!

伸びたあと戻りにくいかもしれません。

その場合に使用していると徐々にサイズが合わなくなります。

ただし、価格が¥1,980(税抜)ですからね。

そこまで細かい機能を求めるなら別のすこし高価な製品にしましょう!

 

④足の指が親指が一番長い方は合わない?

私だけかもしれませんが、つま先の形状が合いませんでした。

ここで読者の方は、足の指を見てみてください。

親指が一番長い方いませんか?

シンコーちゃん

えっ?人によって違うの?
意外かもしれませんが、人によって一番長い指の長さは違うんだ!日本人は親指が一番長い人が多いと言われているよ!

リョクシン

ワークマンのCB400は、つま先の形状でいうと中指が一番長い人向けに感じました。

ですので、親指が指の中で一番長い方は、履いた感じ若干ストレスかも!

最悪の場合には、外反母趾になる可能性もゼロではないので注意が必要。

 

ワークマンのファイングリップCB400のレビューまとめ

当記事では、ワークマンのファイングリップCB400について解説しました。

ワークマンのファイングリップCB400は、一般用のスニーカーにはない機能があります。

滑りにくさに特化したスリッポンでした。

プロモーションもよかったのですが、ヒットした要因はそこかなと!

ぜひ、雨の日で軽くて滑りにくいので試してみてください。

 

それでは下記、簡単に記事をまとめます。

ワークマンのファイングリップCB400のメリットは5つありました。

シンコーちゃん

メリット
  1. 軽い
  2. 価格が安い
  3. 滑りにくい靴底
  4. 通気口がなく水が入りにくい
  5. 取り外しのできるインソール入り

シンコーちゃん

デメリットは3つです。
デメリット
  1. 通気口がないので蒸れる
  2. クッションが汚れる
  3. サイドゴアに頼ったサイズ調整
  4. 足の指が親指が一番長い方は合わない?
最後まで読んでいただきありがとうございました。下記の関連記事もよろしくお願いします!

シンコーちゃん

 

「一般用のスリッポンとコックシューズの疲れにくいのどっち?」

そんな方に向けて記事を作成しました。

 

「もっとコックシューズついて知りたい」

そんな方に向けてコックシューズを徹底解説しました。

 

コメントを残す