【臭う方必見】コックシューズは3足持ちがベスト!【長持ち】

こんな人に読んでほしい
  • 食品関係で働いている方。
  • 日々の立ち仕事で疲れている方。
  • すぐコックシューズダメにしている方。
  • コックシューズが臭い方

 

どーもコックシューズ・厨房靴オタクのリョクシンです。

突然ですが、質問です。

「コックシューズ何足もっていますか?」

この質問をコックシューズ履いている友人に投げかけると答えは1つです。

「1足にきまってんじゃん!!」

会社で支給されている場合には、仕方ありません。

しかし、靴本来の履き方は3足を使いまわすことがベストといわれます。

理由は、3足使いまわす方が「長持ち」するからです。

コックシューズも同じです。

「長持ち」した方が経済的で足にやさしくなります。

今回はそんな感じことを紹介する記事です。

 

コックシューズは3足持つべき!!その理由3つ。

コックシューズは3足持つべきです。

その理由ですが、下記になります。

3足持つべき理由
  1. クッションが回復する。
  2. 臭い対策
  3. 壊れにくくなる

それぞれ見ていきましょう。

 

①クッションが回復する。

靴は1日履くと、体重と荷重でかなりクッションがつぶれます。

そのつぶれたクッションは1晩では戻りません。

最低でも履かない日が丸一日必要です。

毎日履いている方は、完全に回復していない状態の靴で働くことになります。

その結果、疲れやすくなるのです。

また毎日履くことでクッションの回復がさらに遅れます。

 

 

②臭い対策。

3足使いまわすことで臭い対策になります。

1日働くと靴内部は汗と湿気をたくさん吸収してしまいます。

靴内部は筒状になっているため、なかなか乾燥しません。

汗や湿気の乾燥は2日間は欲しいところです。

コックシューズは抗菌仕様の製品が多いですね。

抗菌仕様であれば、菌の繁殖を抑えてくれるため、毎日履かないことをオススメします。

履いていない2日間の1日目の終わりに消臭スプレーをするとより臭わないでしょう!

 

③壊れにくい

3足使いまわすことで、壊れにくくなります。

これは、前述の①クッションが回復する②臭い対策が大きく関係します。

まず、クッションがつぶれると外側と内側のクッション部分で差が生まれてしまいます。

その結果、隙間(ピンクの部分)が生まれます。

隙間に水や消毒、洗剤などが入り壊れてしまうのです。

また汗や湿気がカビを呼び込んでしまい素材が腐食した結果、壊れることも考えられます。

さらには、殺菌処理にコックシューズが耐え切れずに壊れることもあるのです。

 

まとめ

いかがでしたか?

本記事では、「コックシューズを3足使いまわす」ことについて説明しました。

下駄箱の問題や1回の経費の問題もありますが、長いスパンでみればコスト削減となります。

さらには、毎日快適に仕事ができますね。

3足使いまわすことをオススメします。

下記簡単にまとめます。

コックシューズを3足持つべき理由。

3足持つべき理由
  1. クッションが回復する。
  2. 臭い対策
  3. 壊れにくくなる

 

毎日同じコックシューズを履くことを止めてみるとメリットを感じると思います。

コメントを残す