【飲食店】キッチン担当は厚底の立ち仕事向けコックシューズを選べ!

こんな方に読んでほしい

飲食店のキッチンで働いている方

 

どーも、コックシューズ・厨房靴オタクのリョクシン(@Kitchen_sneaker)です。

今回は、飲食店のキッチンで働いている方に向けてコックシューズを提案!

結論から申し上げますと、キッチン担当の方は立ち仕事向けな製品がおすすめです。

先日、下記のようなツイートをしました。

ツイート内容

キッチン担当は厚底のコックシューズがおすすめ‼️

厚底の中でも、クッション性が低下しにくい素材を使用した製品がベスト💡

コックシューズは、普段履きの靴とは異なり連日履く機会が多い✨

連日履くとクッション素材がつぶれてしまう😞

つぶれると履き心地に関係するのでクッション素材は重要🤔

上記ツイートを詳しく見ていきましょう!

 

キッチン担当は立ち仕事に特化した製品を選ぶ

キッチン担当は、ほとんど歩行しません。

人気店のオープンキッチン見ましたが、広いお店なのにキッチンがせまい。

せまいのは調理などの効率化が関係しているのかと。

また、分業制が進んでいて、ほとんど動かずに同じ調理をしていました。

お店により多少の違いはあるでしょう。

しかし、キッチン担当の方があまり動かないことは確かです。

そこでキッチン担当の方には立ち仕事に向いたコックシューズがおすすめ!

 

立ち仕事に向いたコックシューズの特徴

キッチン担当は、ほとんど歩きませんね。

ずっと「立ちっぱ」といっても過言ではありません。

立ち仕事の場合には、下記特徴のコックシューズがおすすめ。

おすすめコックシューズの特長

  • クッションが厚い
  • クッションがつぶれにくい
  • 軽すぎない

詳しくみていきましょう!

 

1、クッションが厚い

キッチン担当の方は、クッションが厚い製品を選びましょう!

厚底って言われる見た目のコックシューズ。

クッションが厚いことで、立ち仕事による疲労を軽減します。

注意

クッションが薄いコックシューズは軽くて動きやすい

しかし、立ち仕事の場合にはすぐに足が痛くなるので注意!

多少重たくても厚底のコックシューズがおすすめ

 

2、クッション素材がつぶれにくい

クッションが厚ければよいわけではありません。

見た目は厚底でも、素材によってはすぐにクッション性が低下する。

そんな製品もあるのです。

立ち仕事って靴のクッション素材に1点集中で負荷がかかるますね!

その結果、クッション素材がつぶれてしまうことも!

つぶれてしまえば、クッション性は低下します。

クッション性が長続きする製品の見分け方は、クッション素材

クッション素材につぶれにくい素材を使用しているか確認します。

とはいえ、わざわざ素材を勉強して選ぶのは大変。

当記事の最後におすすめ製品をご紹介します。

 

3、軽すぎない

軽すぎるコックシューズは、立ち仕事に向きません。

軽すぎる靴は、足元が安定しないでしょう!

足元が安定しないと、足裏で不必要な微調整してバランスをとります。

踏ん張るわけですね。

その微調整が、疲労につながりますし、滑る可能性もあります。

 

番外編 排水溝(グレーチング)の形状と靴底の相性を確認する。

排水溝に靴底がはさまり、滑る可能性があります。

また靴底が、排水溝に「はさまり」取れてしまうことがあります。

せっかく滑りにくいコックシューズを買っても、靴底がとれて滑っては意味がありません。

キッチン担当は、排水溝の溝の形状と靴底の相性を見ておきましょう。

相性の見方は、試すしかありません。

たまにグレーチング(排水溝)対策と表記しているコックシューズを見かけます。

しかし、排水溝って形状がたくさんありますね。

すべてに対応する靴底なんて開発不可。

ですので、こればっかりは試すしかないかなと!

 

まとめ

当記事では、キッチン担当向きのコックシューズを紹介しました。

キッチン担当は、フロアと違い動きが少ないでしょう。

よって、立ち仕事に向いた製品が必要です。

立ち仕事に向いたコックシューズの特徴は、下記。

コックシューズの特長

  • クッションが厚い
  • クッションがつぶれにくい
  • 軽すぎない

キッチンには排水溝があり排水溝と靴底の形状のバランスも考えましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

下記にて、キッチン担当の方におすすめする疲れにくいコックシューズを解説。

たくさんあるコックシューズから、本当によいモノを絞り込みました。

ぜひ、見てみてください。

 

コメントを残す