【レビュー】通販の厨房靴ランキングで人気イーシスユニフォーム

こんな人に読んでほしい
  • イーシスユニフォームのコックシューズを検討している方。
  • 安いコックシューズをお探しの方。

どーも、コックシューズ・厨房靴オタクのリョクシンです。

楽天やyahooのコックシューズ売り上げランキングを見てみました。

するとどちらも堂々1位だったのが、イーシスユニフォームのコックシューズです。

一言で特徴をいうならば、「安い!!」といった感じですね。

価格の安いコックシューズをお求めの方にオススメします。

 

イーシスユニフォームのコックシューズとは?

イーシスユニフォームという白衣屋さんが発売するコックシューズです。

業界最安値をアピールしていて、一番安いサイトでは¥1400位の通販サイトがありました。

これは驚きですね。

「仕事で使用するモノは極力経費を抑えたい。」

そんな方にはベストなコックシューズかもしれません。

商品説明の前に、靴用語の説明です!!

商品説明には、どうしても靴用語を知っていて欲しいです。

そうしないと説明が無駄に長くなってしまいます。

あ、でも本当に簡単な言葉3つだけです。

覚えてほしい靴用語
  • アッパー
  • クッション
  • 靴底

画像をメインに簡単な説明をします。

アッパー

アッパーは足を覆うパーツです。

水や洗剤などから足を守ります。

アッパー素材をケチると洗剤に負けて破れますね。

また歩いたときにコックシューズが曲がりますが、その曲がった部分が破れてしまうことも。

コックシューズ以外の靴でも重要なパーツになります!

 

クッション

靴といえば、クッション性をイメージするくらい重要な素材です。

素材によって、クッション性が変わってきます。

コックシューズの場合には、クッション性が長続きする素材が求めまられるでしょう!

その理由は、「立ちっぱ」が多く、靴にかかる荷重がその辺のスニーカーに比べて一か所に集中するからです。

弱いクッションでは、すぐにつぶれてしまいます。

つぶれてしまっては意味がありませんね。

 

靴底

靴底は、コックシューズで一番重要なパーツです。

滑りにくさを左右します。

コックシューズは、どんなにアッパーとクッションの機能が高くても靴底が悪いと全くの価値がなくなると言っても過言ではありません。

食品工場では靴底から選ぶことがあるくらいです!

 

実際に履いてみて感じたメリット

実際にイーシスユニフォームのコックシューズを履いて感じたメリットを説明します。

メリット
  • ①安い。
  • ②靴底とクッション部分が同じ素材で剥がれにくい。
  • ③袋で梱包されている。

詳しくみていきましょう。

 

①安い

これが一番でしょう。

まぁ~安いです!!

前述のとおり、¥1,400ですから(笑)

JCMを超える製品が出ると思いませんでした。

当然、安いには理由があるにしろここまで安いのはメーカーさんの努力があるのでしょう!

デメリットに関しては、後述します。

 

②靴底とクッション部分が同じ素材で剥がれにくい。

靴底とクッションが同じ素材を使用しています。

というより、靴底とクッションが1つの素材で出来ているのです。

近年のスニーカーは、クッションと靴底を別々の素材にします。

別々にすることで機能性に特化できるからです。

「クッションはクッション性に特化した素材を使う」

「靴底は滑りにくさに特化した素材を使う」

そんなイメージです。

しかし、各パーツに特化した素材を使用する弱点として、接着する工程が生まれます。

その接着する工程には人件費や手間賃が発生するのです。

また、素材を別々にしたことで原材料もふえますね

イーシスユニフォームはその工程と原材料を抑えることに成功したのです。

またコストダウンだけではなく、素材を分けないことで「剥がれにくい」というメリットがあります。

とはいえ、靴底とクッションを併用しています。

そのためクッション性を補うために、インソールが入っていました。

クッションがサラサラして涼し気です。

蒸れに効果あるかは不明ですが何かよい感じがします。

感覚的ですみません(笑)

 

③袋で梱包されている。

コックシューズの箱って邪魔じゃないですか?

コックシューズじゃなくても靴屋さんでスニーカーを買うと大体捨ててもらいます。

段ボールや紙は資源ごみで処理するのが「めんどくさい」です。

イーシスユニフォームのコックシューズは、袋で届きました。

これは画期的です。

今までたくさんのコックシューズを見てきましたが、袋はありませんでした。

通勤などに使用できますね。

デメリット

イーシスユニフォームのコックシューズのデメリットを説明します。

デメリット
  • 滑る。
  • クッション性が低い。

それぞれ見ていきましょう。

 

滑る。

水と油のある環境ではオススメしません。

正直すべります。

あるラーメン屋さんや大手焼き鳥チェーン店では、かなり滑りました。

メーカーさんのホームページにもあるカフェ的なお店に向いているのかもしれませんね。

 

クッション性が低い。

軽すぎることもありますが、ちょっとクッション性が低いと感じました。

ただ私がアシックスばかり履いているので、比較対象がそもそも厳しいかもしれませんね。

値段の差は、10倍近いですから。

 

靴底とクッションが同じ素材で剥がれにくい反面、どちらにも特化ができません。

クッションに特化すれば、柔らかくて靴底は減ってしまいます。

靴底に特化すれば、クッションが硬くなるでしょう。

仕方のないことですね。

それは、お客様の方でメリットとデメリットを選んで購入する必要があります。

 

まとめ

いかがでしたか?

当記事では、「イーシスユニフォームのコックシューズ」について説明しました。

最安値のコックシューズには、安いだけの理由がありました。

しかし、短期のパートさんやコックシューズのクッションと靴底の剥がれでお悩みの方にはオススメします。

コックシューズ持参の飲食店のアルバイトの方には、安くてよいとおもいますね。

下記簡単にまとめます。

イーシスユニフォームのコックシューズで下記のメリットを感じました。

メリット
  • ①安い。
  • ②靴底とクッション部分が同じ素材で剥がれにくい。
  • ③袋で梱包されている。

デメリットは2つです。

デメリット
  • 滑る。
  • クッション性が低い。

コメントを残す