アシックスの高級コックシューズを1年間使用した感想を徹底解説!

アシックス ウィンジョブcp-303 1年後レビュー

こんな方に読んでほしい
  • アシックスのコックシューズに勇気がなく手が出ない方
  • 疲れにくいコックシューズがほしい方

リョクシン

どーも、コックシューズ・厨房靴オタクのリョクシン(@Kitchen_sneaker)です。
どーも、「野菜は炒めても足は痛めるな」料理人のシンコー(@shinko_sneaker)です。

シンコーちゃん

[

リョクシン

今回は、アシックスの高級コックシューズ であるウィンジョブCP-303を1年使用した感想を紹介!
え、もう1年経ったんだ!

シンコーちゃん

リョクシン

早いものだね〜。

確かこのブログを立ち上げて、一番最初にレビューしたのが、アシックスのウィンジョブCP-303でした。

初めは、ミドリ安全と弘進ゴムのコックシューズあたりを解説していくミニサイトの予定だったのが・・・

amazonでコックシューズをみていたら、アシックスのコックシューズを見つけてしまったんだよね。

衝撃だったね。

アシックスが、コックシューズを発売したことも驚いたけど、なんと言ってもその価格です。

シンコーちゃん

リョクシン

うん、絶対に売れないなとは思った。

しかし、履いて更にビックリ!

本当によい製品でした。

そこで、今回はアシックスのコックシューズの購入をまだ決めきれていない方に向けて、私が1年間履いたレビューを書きます。

これは、うれしいですね。

シンコーちゃん

 

アシックスのコックシューズを1年間履いた感想!

アシックス ウィンジョブcp-303 1年後レビュー2

[

リョクシン

ここからは、実際に私がアシックスのコックシューズを1年間履いて感じた感想を紹介。
1年履いた感想

  1. すり減りにくい靴底
  2. 剥がれにくい接着方法
  3. ヘタりにくいクッション
  4. SRBインソールで土踏まずと足の動きをサポート
  5. マジックテープのバリバリ感が健在
  6. 先芯が気にならない
  7. モノソックで足にしっかりフィット
  8. さすがアシックスの設計思想で、疲れにくい

リョクシン

詳しくみてきましょう。

 

①すり減りにくい靴底

リョクシン

まず、アシックスのコックシューズの靴底は、全然すり減りませんでした。

ちょっと気持ち悪いくらいにですw

アシックス ウィンジョブcp-303 靴底全体

まぁーすり減りにくいことは、よいことだよね。

せっかく滑りにくのに、その滑りにくさが長続きしないのであれば意味ないですから。

実は、そう言ったコックシューズってあるんだよね。

シンコーちゃん

アシックス ウィンジョブcp-303 カカトの靴底のすり減り

リョクシン

そうなんだよね。

ゴムの配合と形状が鍵を握るんだ。

アシックスのコックシューズは、おそらくゴムの配合もすり減りにくいんだけど、形状もすり減りにくさに寄与しているはず!

アシックス ウィンジョブcp-303 靴底の拇指球下

そうなんだ。

アシックスのホームページには特に記載はないけどね。

シンコーちゃん

[

リョクシン

たぶん、当たり前すぎて機能だと思ってない可能性もあるよね。

いずれにせよ、私はキッチンで使っているわけじゃなくて、普段の営業で履いていてこれだけすり減りにくいのだから、すごいよ。

アスファルトとか、ザラザラした場所を歩いているわけだからね。

 

②剥がれにくい接着方法

リョクシン

アシックスの靴底は、剥がれにくい接着方法で、接着しているようだね。
そんなことなんでわかるの?

シンコーちゃん

リョクシン

実は、半年くらい履き続けたあたりで、カカトの靴底が剥がれ出した。

アシックス ウィンジョブcp-303 カカトの靴底剥がれ

あぁ〜、ペローンって取れちゃうヤツだ。

シンコーちゃん

リョクシン

いや、ところがココから全然剥がれないのよ。
え、それはすごいね。

でもなんで?

安いコックシューズは、こんなことになったら、あっと言う間に剥がれるよね。

シンコーちゃん

リョクシン

うーん、たぶんだけど、クッション素材を作るときに、同時に圧着しているんではないかな?

スポーツシューズでは当たり前な接着方法なんだけどね。

なるほど、その辺のコックシューズは、それぞれバラバラに作って接着剤で貼り合わせをしているところ、アシックスは、クッション素材を作るときに同時にくっつく様に製造しているという読みだね。

もし、そうだとしたら、これもアシックスにとって当たり前なことすぎて、メリットだと思っていない可能性ありだな!

シンコーちゃん

[

リョクシン

ちなみに、アシックスのコックシューズの靴底が剥がれたのは、脱ぎ履きするときに、片足のカカトを踏んでいたからなんだ。

だからと言って、クッションの中に靴底を収めてしまうと、設置面積がせまくなる。

また、靴底が一番最初に着地しなくなるので、この対策はしなくてよい気がします。

 

③ヘタりにくいクッション

リョクシン

アシックスのコックシューズを履いていて感心したのは、クッション素材のへたりにくさ。
ヘタるってなんだっけ?

シンコーちゃん

リョクシン

コックシューズに限らず、靴に使われているクッション素材は、発泡素材が多い。

発泡素材は、軽くてクッション性がある反面、つぶれやすく戻りにくい。

有名なのは、水泳で使うビート板かな?

ビート板って体重かけるとめっちゃつぶれるでしょう。

アシックス ウィンジョブcp-303 外で履く2

確かに、めっちゃつぶれる。

そうか靴のクッション素材は、それを何時間も連続して体重をかけている状況なんだね。

そういえば、コックシューズを買い替えたときに、同じサイズ同じ製品なのに、背が高くなった感じするな。

あれは、履き潰したコックシューズのクッション素材がヘタったってことなんだね。

シンコーちゃん

リョクシン

そうだね。

靴底がすり減った分もあるかもしれないけど、ほとんどがクッション性のヘタりかな。

話をアシックスのコックシューズに戻すけど、本当にへたりにくいね。

新品のときのクッション性が残っているようだよ。

いくら耐久性が高くても、クッション性が低くなっては、意味ないからね。

これはうれしいポイント!

そもそも靴なんだから、履き心地がよくないと困るね。

シンコーちゃん

 

④SRBインソールで土踏まずと足の動きをサポート

リョクシン

アシックスのSRBインソールって本当に疲れにくくてよいね。
へぇーそうなんだ。

意地悪な質問なんだけど、別売りでアシックスのSRBインソール買って、J○Mに入れたらよいじゃん。

シンコーちゃん

[

リョクシン

いやいや、これだから素人は困るよ。

まぁー試したらわかるけど、全然履き心地よくないよ。

アシックスのインソールってクッション形状と連動しているんだ。

だから、アシックスのインソールだからってどんな靴に入れてもよいわけじゃない。

これはアシックスに限った話じゃなく、ほとんどの大手靴メーカーは同じ。

まぁーそれは、あとで設計思想の場所で詳しく解説するとして・・・

インソールが、土踏まずをサポートして疲れにくいね。

なるほど!

アーチサポートって何回もこのブログでリョクシンが言ってるやつだね。

土踏まずのサポートは、立ち仕事であれば必須なことは理解できた。

シンコーちゃん

[

リョクシン

土踏まずが、落ちてきちゃうからね。

その落ち込みをサポートできたら、疲れにくさは大幅に変わるんだ。

アーチサポートのアーチは、若干ちがうけど、土踏まずを横から見た感じが

橋の様だからアーチサポート・・・

ここではそんな感じ覚えて欲しいです。

アシックスのアーチサポートは、とって付けた様なアーチサポートではなく、ヘタりにくいクッションと相まって長続きしてくれそう!

シンコーちゃん

 

⑤マジックテープのバリバリ感が健在

アシックス ウィンジョブcp-303 マジックテープ

[

リョクシン

アシックスのコックシューズのマジックテープなんだけど、全然ダメにならない。

マジックテープ靴の「あるある」で大体くっつきにくくなるけどね。

そうなんだ。

それでどうだったの?

マジックテープってコックシューズ市場では、異端なアイデアだと言っていたけど。

シンコーちゃん

リョクシン

製品を手に取ったときに思ったのが、わりと硬いモノソック形状でフィッティングできているから、このマジックテープ意味ある?

って思ったけど、すこしは意味あったかな!

一回外して歩いて見たら、足が細いせいか、スカスカ感を感じたね。

足にフィットしない靴は、どんなにクッション性がよくても疲れるから、このマジックテープはよかったと思うよ!

 

⑥先芯が気にならない

リョクシン

アシックスのコックシューズで一番意外だったのが、つま先に安全靴の様に芯が入っていたこと。

先芯って言うんだけども・・・

さすがに、先芯が不愉快だったでしょう?

シンコーちゃん

リョクシン

それが、驚いたのが、全然入っている感じしないのよw

そもそもFRPという軽量な先芯だったんだけどね。

安全性の基準があって、JSAAと呼ぶんだけど、その基準の最高基準をクリアしているんだ。

と言うことは、絶対に重いと思ったんだけど、全然重くないね。

でも、コックシューズに先芯を入れる理由ってなんだろう?

白のコックシューズならまだ、食品工場で使用されるからわかるけども・・・

シンコーちゃん

[

リョクシン

まぁー調べてわかったんだけど、調理師専門学校やホテルのキッチンは、先芯入りを履いているようだね。

つまり包丁を落としたりしたときに、先芯ないと危ない。

包丁落としたら、足を引くから余計つま先にあたりやすいんだよね。

調理師専門学校生は、アシックスのコックシューズ履けば、実習疲れが減りそうだ。

なるほどね。

ちょっと意外だった。

いずれにしても、先芯入っていても気にならないなら、よいね。

シンコーちゃん

リョクシン

正直なところ、安全靴が売れているから、もしコックシューズ市場に参入して失敗したときに、販売方法を安全靴市場にしようとしているのかと、疑っていたけど、そんなセコイことアシックスがするわけないねw

 

⑦モノソックで足にしっかりフィット

アシックス ウィンジョブcp-303 1年後レビュー

リョクシン

履きくちのこの不思議なやつをモノソックと言うんだけど、足にフィットしてよい感じ。
そうなんだ。

絶対に衛生面でダメだと思ったけど・・・

シンコーちゃん

リョクシン

意外と、液体系を吸収しないのね。

雨の日に履いたけど、全然吸収しないし問題なしだね。

むしろこのモノソックないと、先芯の重量とか全体的な重量感を感じてしまうと思うんだ。

足にフィットすることで、靴が重くても疲れを感じにくいと言うことはある。

それをモノソックで感じられたよ!

確かに、トレッキングシューズとかも、持つと重たいけど履くと疲れにくいもんね。

シンコーちゃん

 

⑧さすがアシックスの設計思想で、疲れにくい

[

リョクシン

最後に、さすがアシックスだと思ったポイントを紹介。

それは、靴の設計思想がしっかりしていると言うこと。

モノソックやマジックテープ、インソール、クッション素材、靴底など、すべてが繋がって「靴」を設計されているなぁーと感じました。

それぞれが、デメリットを補完しあい、メリットを引き出すようにしている感じがします。

帳尻を合わせると言えば、悪く聞こえる感じもしますが、本当にそんな感じ。

初めは履きなれない方もいるでしょう。

しかし、しばらく履いているとアシックスのコックシューズのよさがわかるはずです。

なんだかよくわからないけど、アシックスのコックシューズがすごいことはわかった。

とにかく、疲れて困っている食品関係で働いている方は、今すぐに買うべきと言うことですね!

シンコーちゃん

 

 

1年履いてわかった!アシックスのコックシューズのマイナス点

アシックス ウィンジョブcp-303 外で履く

リョクシン

最後に、アシックスのコックシューズを1年履いて感じたデメリットを紹介。
え、デメリットあるの?

シンコーちゃん

リョクシン

どんな製品でも、デメリットはあるよ!
1年後デメリット

  1. 蒸れ感はある
  2. モノソックへの慣れが必要
[

リョクシン

簡単に見ていきましょう。
やっぱり蒸れるんだ。

また、モノソックも不慣れだと不快なんだね。

シンコーちゃん

リョクシン

蒸れるのは、仕方ないかなと。

モノソックやマジックテープ、インソールの形状で、足がしっかりサンドされてフィットしているんだ。

だから踏ん張ったりしないので、蒸れにくいのかと思ったんだけど、蒸れますね。

おそらく、先芯を入れているので、表面の素材(アッパー)が分厚いのが原因かなと。

次回作があるとしたら、この辺りを修正してくると読んでいるね。

そうなんだ。

次回作も楽しみだね。

シンコーちゃん

[

リョクシン

ただ、今回のウィンジョブCP-303もコックシューズの中では、ダントツでよいね。

まだまだ、料理人さんにインタビューするとアシックスがコックシューズをラインナップしたことを知らない人が多い。

というか大多数w

もっと広がるとよいですね。

 

結論、アシックスのコックシューズは、お値段以上でしょう。

当記事では、アシックスのコックシューズ1年間使用したレビューを紹介しました。

実際に使用して見て感じたのは、お値段以上の価値だということ。

耐久性が高いですし、履き心地も長続きしました。

コストパフォーマンスは、確実によいはずです。

ぜひ、足の疲れでお困りの方は、試して見てください。

それでは、簡単に記事をまとめます。

私が、アシックスのコックシューズを履いて感じたメリットは、下記の8つ。

1年履いた感想

  1. すり減りにくい靴底
  2. 剥がれにくい接着方法
  3. ヘタりにくいクッション
  4. SRBインソールで土踏まずと足の動きをサポート
  5. マジックテープのバリバリ感が健在
  6. 先芯が気にならない
  7. モノソックで足にしっかりフィット
  8. さすがアシックスの設計思想で、疲れにくい

デメリットは、2つになります。

1年後デメリット

  1. 蒸れ感はある
  2. モノソックへの慣れが必要

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

下記の関連記事もよろしくお願いいたします。

「アシックスのコックシューズが疲れにくい理由をもっと知りたい」

そんな方に向けて記事を作成しました。

 

「もっとコックシューズ自体を知りたい」

そんな方に向けてコックシューズを徹底解説しました。

コメントを残す