「おしゃれでかっこいいコックシューズ」紹介!どこよりも詳しく解説

 

どーも、靴の仕事歴10年のリョクシン(@Kitchen_sneaker)です。

コックシューズというと「ボテッ」としたフォルムの印象からダサいイメージがあります。

リョクシン
今回は、たくさんのコックシューズを見てきたリョクシンが、おしゃれなコックシューズを紹介!!

「かっこいいコックシューズがほしい」

「展示会やオープンキッチン前で調理する機会がある」

「お客様の前にでる機会があるのでおしゃれなコックシューズがいい」

リョクシン
そんな方にオススメな商品です。

実際に料理人さんに紹介してみて「おしゃれ、こんなコックシューズあったんだ、疲れにくい」と大満足な製品もありました。

ぜひ、参考にしてみてください。

 

おしゃれなコックシューズはコレだ!筆者厳選した商品を解説!

お店によっては、キッチンから出てきてお会計やフロアを担当することもありますね。

また、フロアが滑るので、コックシューズを履くこともあるでしょう。

リョクシン
76種類のコックシューズを研究してきた筆者が「コレはおしゃれだ」と思った製品をご紹介!

下記になります。

おしゃれなコックシューズ

  • シェフメイトプレミアムP-100
  • ハイグリップH-230D
  • ハイグリップH-950MとL
  • ハイグリップH-900
  • ハイグリップHRS-500
  • ハイグリップHRS-970
  • ビストロクロックス
  • ウィンジョブCP-303

詳しくみていきましょう!

 

シェフメイトプレミアムP-100

シェフメイトプレミアムP-100の全体像

シェフメイトプレミアムP-100は、弘進ゴム株式会社が開発したコックシューズ兼おしゃれスニーカー。

弘進ゴムは、コックシューズを「シェフメイト」というブランドでラインナップしています。

その中でも大ヒット商品である「シェフメイトα-100」のアップデートバージョン。

滑りにくい靴底

シェフメイトプレミアムP-100の靴底

靴底は、コックシューズと同じゴム素材です。

疲れにくいインソール入り

インソールは、クッション性の高い素材を使用。

疲れにくいのも嬉しいですね。

おしゃれ

シェフメイトプレミアムα-100Pを町で履いています。

実際に、街中で履いた画像です。

コックシューズだとわかりますか?

うん、おしゃれですね。

もっと詳しく解説
シェフメイトプレミアムP-100の全体像【シェフメイトプレミアムα-100Pをレビュー】コックシューズ兼おしゃれスニーカー!!

 

↑サイズ感や重量は、レビュー記事でチェックしてみてください!

↑目次へ戻る↑

ハイグリップH-230D

ハイグリップH-230Dは、ミドリ安全が開発したコックシューズです。

ミドリ安全は、コックシューズ市場のトップメーカー。

たくさんのコックシューズをラインナップしています。

滑りにくい靴底

ハイグリップ H-230Dの靴底

もちろん、本来はコックシューズなので滑りにくいです。

排水溝の上でも滑りにくい機能もあるので、嬉しいところ。

実際に、筆者の目視ですが、大手ファーストフード店で履かれていました。

ベロが広い

ハイグリップ H-230Dのシュータン

コックシューズの本来の機能の1つに「やけど対策」と「靴下を濡らさない」という2つの機能がありました。

画像のとおり、ベロという部分が広めに設定されているのがわかります。

水や熱湯が当たるのを防ぐ機能がありました。

もっと詳しく解説
【ハイグリップH-230Dをレビュー】ローファーデザインのオシャレな厨房靴

 

↑サイズ感や重量は、レビュー記事でチェックしてみてください!

↑目次へ戻る↑

ハイグリップH-950MとL

ハイグリップh-950を上からみた画像

ハイグリップH-950MとLもミドリ安全のコックシューズ。

Mは、メンズ用でLは、レディース用になります。

おしゃれ

とにかく、おしゃれですね。

ここまで来るとコックシューズというよりは、滑りにくいローファーでしょう。

筆者の目視ですが、ハンバーガー店やおしゃれな大手カフェで履かれていました。

滑りにくい靴底

ハイグリップh-950の靴底

そもそもはコックシューズなので、滑りにくさは抜群です。

こちらも、排水溝の上に強い靴底。

軽い雨の日でしたら滑りは問題ありません。

もっと詳しく解説
【ハイグリップH-950のレビュー】通学用としても履けるローファー風コックシューズ

 

↑サイズ感や重量は、レビュー記事でチェックしてみてください!

↑目次へ戻る↑

ハイグリップHRS-970

ハイグリップhrs-970の全体像

ハイグリップHRS-970もミドリ安全のコックシューズです。

ミドリ安全さんラインナップ多いですね。

本当に過ぎすぎw

おしゃれ

ハイグリップHRS-970履いた画像

実際に履いてみるとわかりますが、革靴にしか見えません。

雨の日の通勤や営業に最適でしょう。

超滑りにくい!

ハイグリップHRS-970は、ミドリ安全のコックシューズの中でもトップクラスの滑りにくさ!

トップメーカーの中でも滑りにくい靴底なので実力はピカイチですね。

もっと詳しく解説
ハイグリップHRS-970ハイグリップHRS-970は、スーツでもOKなコックシューズ【超滑らない!】

↑サイズ感や重量は、レビュー記事でチェックしてみてください!

↑目次へ戻る↑

ビストロクロックスプロ

ビストロクロックスプロの全体画像

サンダルで有名なクロックスのコックシューズです。

クロックスもビストロクロックスというコックシューズを多数ラインナップ。

その中でも疲れにくいのがビストロクロックスプロです。

疲れにくい

ビストロクロックスプロのクッション素材

クロックスのコックシューズの通常品よりも疲れにくい素材を使用。

実際に外で履くアパレル用のクロックス品にも採用されている素材です。

もっと詳しく解説
【クロックスの厨房用ビストロプロをレビュー】クッション性が高いコックシューズ

↑サイズ感や重量は、レビュー記事でチェックしてみてください!

↑目次へ戻る↑

ウィンジョブCP-303

ウィンジョブCP-303の全体像

ウィンジョブCP-303は、スポーツメーカーのアシックスのコックシューズです。

一見するとコックシューズには見えませんね。

滑りにくさと持続力MAX

滑りにくさはコックシューズでナンバー1。

タテ方向の滑りにくさだけではなく、ヨコ方向も優れます。

ヨコも滑りにくいのは、アシックスのウィンジョブCP-303だけでしょう。

もっと詳しく解説
アシックス ウィンジョブcp-303 靴底の拇指球下

営業で1年以上、歩き回っても全然すり減りません。

いくら滑りにくくても、すぐに靴底がなくなっては意味なし。

ウィンジョブCP-303は、そういった心配がありませんでした。

もっと詳しく解説
【アシックスのウィンジョブCP-303をレビュー】滑りにくさと疲れにくさMAXなコックシューズ

↑サイズ感や重量は、レビュー記事でチェックしてみてください!

↑目次へ戻る↑

おしゃれなコックシューズ紹介のまとめ!

当記事では、おしゃれなコックシューズを紹介しました。

どれもコックシューズには見えない商品だと感じます。

コックシューズとしては、もちろんのこと外出先でも履けますね。

リョクシン

ただし、店内用とは衛生面の観点からも分けましょう!

それでは、下記より簡単に記事をまとめます。

ご紹介したおしゃれなコックシューズは、下記の製品でした。

おしゃれなコックシューズ

  • シェフメイトプレミアムP-100
  • ハイグリップH-230D
  • ハイグリップH-950MとL
  • ハイグリップH-900
  • ハイグリップHRS-500
  • ハイグリップHRS-970
  • ビストロクロックス
  • ウィンジョブCP-303

最後までお読みいただきありがとうございます。

リョクシン
下記の関連記事もよろしければ、ご確認よろしくお願いします!

「もっとコックシューズ自体について知りたい」

そんな方に向けて記事を作成しました。

もっと詳しく解説
【コックシューズ50種類履いてわかった】最高の4足と人気おすすめ商品20足を解説します!【コックシューズ50種類を履いてわかった】最高の4足と人気おすすめ商品20足を解説します!

コメントを残す