【メンズ】雨の日の通勤靴に「おしゃれ厨房シューズ」がおすすめ!

こんな方に読んでほしい

雨の日に滑りにくい通勤靴がほしい男性の方

 

どーも、コックシューズ・厨房靴オタクのリョクシンです。

ふだんは、料理人の方に向けてキッチンで滑りにくい靴を紹介しています。

厨房シューズと呼ばれていますね。

その他、コックシューズキッチンシューズ厨房靴なんて呼ばれています。

今回は、そんな厨房シューズを雨の日の通勤用の靴として提案!!

「いやダサいでしょう」

そんな声が聞こえてきそうですが、そうでもありません。

こちらで、厨房シューズに見えない製品を厳選しました。

ぜひ最後まで読んでいってください。

 

厨房シューズとは?

厨房シューズとは、滑りやすいキッチンで料理人の方が履く靴。

水や油といった滑りやすい環境でも、普通に歩くことができます。

製品にもよりますが、かなり滑りにくいのが特徴。

どのくらい滑りにくいと思いますか?

なんと滑り台にサラダ油を流しても手すりなしで登れるくらい!

凄いですね!

そんな滑りにくい厨房シューズなら、雨の日の滑りなんて問題なし。

駅のホームや会社内、コンビニなど雨の日滑った経験ありませんか?

ぜひ、ご検討いただけるとうれしいです。

 

雨の日に厨房シューズを履くメリット

ここからは、雨の日の厨房シューズを履くメリットを紹介!

下記になります。

  1. 長靴より軽い
  2. 長靴より脱ぎ履きラクラク
  3. 滑りにくい
  4. クッション素材がある

詳しく見ていきましょう。

 

①長靴より軽い

当たり前ですが、厨房シューズは長靴より軽い!

長靴は、全体的にゴム素材もしくは、塩化ビニールという素材を使用。

これが、まぁー重いのです。

長靴によっては、軽いゴムを採用している製品もあります。

しかし、厨房シューズより重たいのは確か。

動きやすさも厨房シューズの方がよいので大雨以外でしたら問題ないかと!

 

②長靴より脱ぎ履きラクラク

長靴って脱ぎ履きめんどくさいです。

丈が長いとなおさら。

厨房シューズは、スニーカーで丈が短い。

さらに、スリッポンという靴ヒモなど留め具がありません。

ですので、簡単に脱ぎ履きできます。

 

③滑りにくい

前述のとおり、厨房シューズは滑りにくいです。

雨の日に厨房シューズを履くメリットは滑り対策が一番でしょう。

濡れた駅のホームや地下鉄の通路、大理石の床、コンビニなど。

滑った経験ありませんか?

厨房シューズならビックリするくらいグリップします。

滑りにくい!

近年、妊婦さんからも滑りにくいことを理由に選ばれているそう。

転倒したら大変ですからね、

価格もそこまで高くないのも魅力でしょう。

 

雨の日に厨房シューズを履くデメリット

ここからは、厨房シューズを履くデメリットを紹介。

デメリット

完全防水・防水仕様ではない

厨房シューズは意外や意外!

完全防水や防水使用ではないのです。

「え、キッチンで使うのに?」

そう思った方多いと思います。

しかし、完全防水や防水の厨房シューズは基本ありません。

若干数あるといえばありますが、滑りの機能に難があるので紹介しません。

滑っては意味がありませんからね。

完全防水や防水仕様ではないものの、メッシュ素材など通気口はありません。

よって、大雨に当たったり、水たまりに入らなければ問題ないでしょう。

 

おすすめなおしゃれ厨房シューズ紹介

最後に、おしゃれな厨房シューズをご紹介!

下記、3種類です!

おしゃれな厨房シューズ

  • ハイグリップH-230D
  • ハイグリップH-950M
  • シェフメイトグラスパー

それぞれ見ていきましょう。

 

①ハイグリップH-230D

ハイグリップH-230Dは、ミドリ安全が製造した厨房シューズです。

ミドリ安全は、安全保護具や食品衛生消耗品の大手メーカー。

最近では、一般アパレル業界も参戦しました。

恐らく、厨房シューズの業界では市場シェアナンバー1。

ハイグリップH-230Dはローファー型の厨房シューズです。

見た目は厨房シューズとは、思えません。

しかし、靴底は滑りにくい靴底を採用しています。

これなら営業の方でも取引先に出かけられますね。

 

②ハイグリップH-950M

ハイグリップH-950Mもミドリ安全の厨房シューズ。

こちらは、先ほどご紹介したハイグリップH-230Dよりかっこいいですね。

よりローファーに近いデザインです。

ここまでくると、厨房シューズではなく滑りにくいローファーかなw

 

③シェフメイトグラスパー

シェフメイトグラスパーは、弘進ゴムが製造している厨房シューズ。

厨房シューズの中では、めずらしく日本製になります。

しかし、そこまで価格も高く下手なビジネスシューズより安い。

最近のスニーカーのようにつま先がシュッとしていました。

つま先が、厨房シューズ独特の丸っこいフォルムではありません。

滑りにくさは文句なしですね。

 

まとめ

当記事では、男性向けに雨の日用に厨房シューズを紹介しました。

「え、ダサくない?」と思ったかたいかがでしたか?

ハイグリップH-950Mなんて、ほぼローファーでしたね(笑)

ぜひ、雨に日用の靴がない方はご検討してみてください。

下記、簡単に記事をまとめます。

雨の日に厨房シューズを履くメリットは3つありました。

  1. 長靴より軽い
  2. 長靴より脱ぎ履きラクラク
  3. 滑りにくい

デメリットは1つです。

デメリット

完全防水・防水仕様ではない

おすすめ商品は、3つ。

おしゃれな厨房シューズ

  • ハイグリップH-230D
  • ハイグリップH-950M
  • シェフメイトグラスパー

最後まで読んでいただきありがとうございました。

下記、関連記事もよろしくお願い致します。

コメントを残す